FC2ブログ


手先は器用でも生き方は不器用

手先は結構器用だけれど 生き方は意外と不器用。 歯科技工学科の専門学校に通う若色唯咲、20歳の日記。

§ ひと月放置

卒業論文が真っ白です\(^o^)/

卒業できねェェェェェ。

何も出来ない、したくない。
ヒマがあったら睡眠取りたい。

あー、世捨て人になりたいとか思ってしまった。
スポンサーサイト



2007/11/17/Sat 23:31:37  未分類/CM:0/TB:0/

§ だからダメだって言ったのに

案の定、すばせかゲーム中毒でブログ放置な若色です。
二三回*んだ方が良さそうです。

学校祭があったり、いつの間にか二十歳になったり、カラオケに行ったり、何かと濃密なブランクを経て、舞い戻って参りました。
今の自分には「疲労困憊」って言葉がぴったりですよ。
学校祭の時には「ネガティブな満身創痍」の二つ名を授かったり、もうてんやわんやですぞ。
飲食店のバイトはしないぞと固く決心しました。

卒業論文など書かねばガチで留年なので必死なのですが、資料の図書を読むだけで満足してしまうクオリティ低い自分がいるわけで。
こんなクソ忙しい時期に限って高校時代のクラスメイトからミクシィのお誘い。丁重にお断り。

そしてどんどんやりたいことは増えていく。
本読みたい。寝たい。旅に出たい。カラオケ行きたい。

暇な時間にサランラップをかけて、冷蔵庫にしまっておけたら、どんなにいいだろうね。
2007/10/20/Sat 12:58:07  未分類/CM:0/TB:0/

§ 久しぶりに

ブログのことなんかすっかり忘れてました。



先週の日曜日の話です。
自分は二階の自室でのんびりと家庭の医学を読み返していました。
すると唐突に階下から妹ケイの元気な悲鳴が木霊しました。

ケイ「にぎゃぁぁぁぁぁぁ!!

若色「……(゚Д゚ )」

ケイ「ぅぐばぁぁぁぁぁ!!

若色「……(゚Д゚)まぁいいや」

―階段を駆け上がる音―

ケイ「はよ助けに来いやぁぁ!


わが妹ながら恐ろしい形相でした。

なんでも、茶の間でパソコンやってたらでっかいが飛んできたと。
で、ソレを退治しろと。都合のいい話ですね。
お前がパソコンやってたからお兄さんは二階にすっこんでたんですよ。

まぁなんだかんだで蛾を退治させられることに。
茶の間の前の廊下でキンチョールなどごちゃごちゃ用意します。

若色「蛾ってのはどんくらいの大きさよ?」

ケイ「すげーでかいの((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル」

ケイは蝶結びになった茶色い紐を蛾と見間違った前科があります。迂闊に情報を鵜呑みにしてはいけません。
たかが蝶結びで小一時間虫さがしさせられたんだ、俺は。


若色「敵がどこに潜伏しているか、わかるか?」

ケイ「台所との仕切りのカーテンの裏(;ω;)」

ち。台所じゃキンチョールは使用不可能。食べ物があるところで殺虫剤なんかぶちまけたくありません。
かといって、叩くのもなぁ。カーテンにしみが残るのは避けたい。


若色「悩んでも仕方が無い。まずは敵さんのお顔拝見ですかな」

チキンな若色はドアを半開きにして台所を窺い見ました。
カーテンの端には確かに茶色の何かがうごめいています。

その光沢、色、フォルムには見覚えがありました。





イニシャルG



ケイのバカヤロウはGと蛾の区別もつかないのか。
どっちもたしかにガギグゲゴで始まるけどさ。

コイツはますます近寄りたくねぇ。

Gとまともに対決するのは小学校以来。
ただ今回は自宅。あの時のように学校の廊下でもないし、丁度いいスリッパも有りません。
台所という地形で殺虫剤も使用禁止。



あ、じゃこうすればいいじゃん。


吸引力が落ちない、ただひとつの掃除機、ダイソン。
なんでそんな高級なもんが若色家にあるのか。俺にもよく解りません。
ただ確かなのは、
ダイソンはGを駆除する道具として適であるということのみ。
プラグを繋げて、照準はGにガッチリ合わせて。スイッチON。

若色「吸い込めー」

ケイ「ぎゃぁぁぁぁぁ!((((;゚Д゚)))ばかー、ダイソン壊れくぁwせdrftgyふじこlp;@:」

ずぼっというみょうにはっきりした音と手ごたえ。

若色「(・3・)なーんだ、意外と簡単じゃん」


サイクロンなんとかの中にはばらばらになったGの残骸がグルグルと大円舞曲を舞っていたのでした。

ケイ「こういうのを『精神的ブラクラ』っていうんだよね?(´・ω・)」

若色「当たらずとも遠からずってとこだな」

あらたなトラウマが出来ましたとさ。
2007/10/02/Tue 23:36:32  未分類/CM:0/TB:0/
MAIN / NEXT
copyright © 2006 手先は器用でも生き方は不器用. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房