FC2ブログ


手先は器用でも生き方は不器用

手先は結構器用だけれど 生き方は意外と不器用。 歯科技工学科の専門学校に通う若色唯咲、20歳の日記。

§ 昨日の続きらしい何か

昨日の続き。



回り将棋で小一時間遊んだ後、K成の愛車・ワゴンR(マニュアル車)で打ち上げ会場へ向かう4人。
ここで早速問題発生。


運転手であるK成が会場の場所を一切把握していないらしいことが判明。
先日確かに地図を見せた筈。
仕方が無いので自分の適当なナビゲーターのみを頼りに市内を迷走。


若色「だからー、パ○コより1ブロック手前だってばー」

K成「1ブロック先ってならまだしも、1ブロック手前で解るわけねーだろがぁ!!

若色「じゃあれだ、○○前のバス停の向かいで停まれ」

K成「ちょ、バス乗んないから解んねーよ!

若色「自分が運転した方が早いな。ハンドル貸せ」


K成・H野・T成「そ れ だ け は 阻 止 す る !」

?以下省略?


市バスとニアミスしつつも店に到着。
同時に先輩と合流。



中に入って座敷に座り、アルコールが入る前から酔っ払い状態ではしゃぐ。

座布団の奪い合い、席の取り合い、おしぼりの投げあい etc…

お向かいの座敷に陣取るサラリーマンとの違いは年齢層と男女比だけだと実感。


前菜が出てからは怒涛の追加注文攻撃。
14人が14人、バラバラに飲み物を頼むのは有る意味嫌がらせでしょう。
しかもワザと似ている飲み物を同時に頼む性質の悪さ。

白桃サワーとピーチ姫。オレンジジュースとカンパリオレンジ。ウーロン茶にウーロンハイ。

徹底した嫌がらせの結果、
追加注文のレシートが20枚近くに上り、
全員分の注文合計金額が5万円を突破。

一人当たり4000円と少し。

二年生にとっては学校祭の収入とトントン。

一年生は―――赤字。




来年は稼げるといいな(棒読み




スポンサーサイト



2006/10/16/Mon 23:26:05  日記/CM:0/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 手先は器用でも生き方は不器用. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房