FC2ブログ


手先は器用でも生き方は不器用

手先は結構器用だけれど 生き方は意外と不器用。 歯科技工学科の専門学校に通う若色唯咲、20歳の日記。

§ もしものうた

次に入学してくる新入生について、様々な憶測が飛び交う教室。

あまり歓迎ムードじゃないというのは秘密ですが。



専門学校なので、社会人でも入学できる。

つまり、自分より年上の後輩が出来る可能性も否定できない。




先日、それについて友人T島が幾つか起こり得る状況をあげた。


?後輩に高校時代の同級生が居る。

無いとはいえないが、気まずい。とくに、去年も受験して落ちてた、なんて場合は。
親しげに話しかけるか、あえて「始めまして」と声を掛けるか。悩みどころ。



?後輩が全員自分達より年上

いくつかの高校には指定校推薦という便利な制度(?)があるので、全員が一度社会にでた人間だ、ということはまずないと思われる。
でも、もしも全員が自分達より年上だったとしたら、新入生歓迎会で大損こく事になる。

新入生歓迎会は二年生が一年生の分の料金を奢る。
私達は四月の時点では殆どが未成年。十九歳。
一年生は酒を飲み、二年生は大人しくオレンジジュースなんか注文する。
料理を食べる量はほぼ同じ。

割り勘にしても払い負け必至。




ごめん、新入生。

他のみんなはどうだか知らんが、自分は新入生を歓迎する心の余裕がないぞ。

どーにもこーにも、年下と仲良く出来ない意地っ張り体質らしいです。

スポンサーサイト



2007/01/25/Thu 23:15:33  日記/CM:0/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 手先は器用でも生き方は不器用. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房