FC2ブログ


手先は器用でも生き方は不器用

手先は結構器用だけれど 生き方は意外と不器用。 歯科技工学科の専門学校に通う若色唯咲、20歳の日記。

§ 偽りの日々 闖入者

 
ロータリーで見かけた黒バイクは―――
窓をすり抜けてバスの中に転がり込んだ。

驚いて声も出せないままでいると、黒バイクのライダーは個性的なフォルムを描いたヘルメットに両手をかけた。
小気味よくヘルメットを脱ぐと、明るい金髪が。
どこかで見たような。

先ほど電車中でヘッドバットを喰らわせた若者その人であった。
「や、いらっしゃい」
運転手は特に驚くことも無く闖入者を迎え入れた。
「このバスは途中乗車可能なんですか?」
「バスの気分次第で乗せたり、乗せなかったりさ」
「は、はぁ」
運転手のズレた答えに曖昧な相槌を打つ。
バスの気分次第で急に途中下車させられたらどうしようか。
 
「いやぁ、今日は乗れたかぁ、よかったよかった」
どっこらしょ、とバイクの男は赤い優先シートにどっかりと腰掛ける。
そういえば、他の乗客は?
いつの間にか姿が見えなくなってそれっきりだ。
「あの、運転手さん。他の人はどこ行ったんでしょうか?」
「うーん、大体の人は他のバスにこっそり移されたんだと思いますよ?……多分」
最後の多分が気になるが、この際無視することにする。

窓から下を見る。
いつもよりパトカーが多いくらいで、特に変わったことは無い。
下からはこのバスは見えないのかもしれない。
毎朝通る道の真上を空飛ぶバスはプカプカと泳ぐ。
他のバスが道路を走るのも見えた。これは飛んでいないバス。乗客がこっそり移されたかもしれない、バス。
「どうして自分は他のバスに移されなかったんだろう……」

バイクの男がケラケラと笑う。今の呟きが聞こえたらしい。
「お前がイレギュラーだからだろうよ?」
「イレギュラー?」
そ、と得意げに鼻を鳴らす。
「幽霊とか、未来人とか。そういう『普通じゃないヤツ』は他のバスに移せないんだろ」
途中乗車と運転手は別口なのだそうだが。
妹と今朝、頭をぶつけて入れ替わったから、それかな?
考えようによってはラッキーだ。
妹と入れ替わる確率なんて雷に打たれるより低いだろうし、それに加えて空飛ぶバスとは。ね。


【続く?】



忘れた頃に再始動嘘日記【虚言日記】



スポンサーサイト



2007/06/04/Mon 22:46:11  【虚言】九割九分九厘捏造記事【日記】/CM:0/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 手先は器用でも生き方は不器用. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房